返済プランが立てやすい新生銀行住宅ローンとは?

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済という2つの方法があります。
元金均等返済は、借りている金額(元金)によって返済額が毎月変わります。
簡単に言うと、借りている金額が多ければ返済額も多くなり、少なくなければ返済額は少なくなる、というものです。
これは最初の返済額が多くなりますが、そのぶん早く返済が可能です。
このため、トータルで考えたときに利息を抑え、支払う金額が少なくてすみます。
元利均等返済は毎月同じ額を返済していくものです。
このため、ローンの返済の初期の頃は返済分から元金に割り当てられる分が少なく、利息の方を多く返していくような形になります。
しかし、元金が少しずつ減ってくるとそのぶん利息も少なくなりますので、徐々に元金に割り当てられる分が多くなっていきます。
新生銀行住宅ローンでは元金均等返済は扱っておらず、返済方法は元利均等返済のみになります。
元利均等返済は毎月の返済額が一定ということから、住宅ローンの返済プランが立てやすくなっていますし、新生銀行住宅ローンでは無理のない返済プランの提案を行っています。
新生銀行住宅ローン借り換え審査甘い?【年収と頭金の基準は?】