自営業住宅ローン頭金の問題とは?

自営業の方が住宅ローンを申し込むときに、頭金が用意できているかどうかは、ポイントになってきます。
自営業の方は、事業そのものの負債があることも多いですし、収入が不安定なケースも多いので、住宅ローンの審査が厳しい傾向にあります。
だからこそ、頭金があって十分返済能力があるんですよというところをアピール出来ると有利なのです。
2014年2月の改正で、不動産価格の100%が認められるようになりましたが、それまでは90%までしか認めていませんでした。
頭金が用意できているということは、黒字経営で安定した収入が得られていることの裏付けにもなります。
頭金を用意すること、申告所得額が大きいこと、負債がないことが、自営業の方がローン審査に通るコツと言えるでしょう.
自営業で住宅ローン審査に通るには?【頭金・年収の基準が甘い銀行!】