銀行の借り換え住宅ローンは条件を満たせば金利優遇してくれる?

借り換えローンを利用する方の多くは、住宅ローンを組んでいる方だと言われています。
住宅ローンは、高額な商品な上に、長い年月借入するものですので、少しでも金利が低い方が、毎月の返済額は楽になります。
中には、お給料の口座を借り換え先の銀行などにすると、金利優遇がつく所もあります。
その様な金利優遇を利用して、さらに金利を低くし、借り換えを有利にするのも良いでしょう。
住宅ローンを借り換える目安としては、1.
借り換え前と借り換え後の金利差が1%以上2.
借り換えする住宅ローンの残金が1000万以上3.
借り換えする住宅ローンの残り期間が10年以上。
とこの条件に当てはまる方が対象と言われています。
誰でも借り換えれば得になる。
とい訳ではないので、慎重に検討する必要があります。