看護師が不足?

少子高齢化が深刻化してきている日本で注目され続けているのが医療人員の不足です。
大衆媒体でも深刻な問題として取り上げられることが増えています。
看護師に憧れて、難関の国家資格を手にすることができたのに、辞職する人が後を絶ちません。
なぜかというと、憧れと現実のギャップが厳しいということがあるのでしょう。
看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間の勤めがあるという事があります。
病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事もありがちです。
そんな場合に、対応するために看護師には、夜間勤務があるのです。
しかるに、ナースにとって、夜の勤めというのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が多分にあります。
自分が望むあらゆる細かい条件まで書き出すなり、整理をして、そして、看護師の転職サイト選びを行ってください。
この過程によって、自ずと自分が求めていた転職先が紹介されているのかが、確認ができるようになっていきます。
我が国の看護師の年収は平均437万円くらいです。
しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として働いているため、年収を平均してみると593万円ほどになります。
公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院より上で、福利厚生もきちんとしています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。
看護師目線で言うとお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは容易ではない問題といえるでしょう。
本人は病院で仕事をしたくても、育児と同時に、看護師の仕事を果たすのは、実に様々な問題が生じてしまいます。
育児と看護師の両立は個人が抱える問題よいうより全体の問題として取り組むことが必要でしょう。

http://www.kangoshi-kyujin-ranking.com/