洗顔石鹸しみ原因対処法は?

しみの大きな原因のひとつは紫外線です。
紫外線を浴びると、私たちは自分のからだを守るためにメラニン色素をつくりだし、肌を黒くします。
ターンオーバーのサイクルが正常であれば、古い角質とともにメラニン色素ははがれ落ちていきます。
しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が肌に残り、しみとなって表れてしまうのです。
メラニン色素というとシミの原因をつくる女性の大敵のようにいわれますが、メラニン色素自体は私たちのからだを守ってくれる大切な働きをするものです。
ターンオーバーが正常に行われてさえいれば、しみもできにくいわけですから。
また、オゾン層の破壊によって、年々紫外線の量は増えています。
しみの原因は紫外線だけではありません。
女性ホルモンのバランスが乱れたり、働きが弱くなってもしみはできやすくなります。
女性ホルモンの中でも、プロゲステロン(黄体ホルモン)はメラニン色素を増やす働きがあります。
排卵後、生理が始まるまでの約2週間はしみのできやすい時期だといえます。
ピルなどホルモン剤を長期にわたって服用している人は、常に注意が必要です。
生理不順や妊娠、更年期など、女性にとってホルモンのバランスが乱れる要素は多いので、自分の現在の体調をつねに把握しておくことが大切です。
また、ストレスによってもしみはできやすくなるといわれています。
他には、内臓のトラブルや過剰なお手入れによる炎症、加齢によるターンオーバーの乱れなどもあげられますし、食生活の乱れなども関係するといわれています。
しみ対策として美白化粧品を利用する場合も多いと思いますが、化粧品だけではしみはなくなりません。
表面的な対処法だけはなく、内側からもケアしていきましょう。
そんなことかと思われるかもしれませんが、基本はとても大事なことです。
しみ対策にはビタミンCが有効です。
食物だけで摂取できない場合は、サプリメントで補う方法もあります。
生活習慣を見直し、ストレスを極力減らし、ターンオーバーの周期を正常に戻すこと。
遠回りに思えてもこれがいちばん効果のある方法です。
美白化粧品によるお手入れは、それにプラスされてこそ生きてくるものなのです。