住宅ローン親子リレー返済とは?

お父さんが高齢だったり、年収が足りないような場合に住宅ローンを組むのが難しく、お子さんとの年収を合算することで申し込むことができる制度に「親子リレー」があります。
お父さんが保険契約者で、お子さんが連帯保証人となるような形です。

ただ、リレー方式なので、二人で同時に返済するというものではなく、お父さんが払える間はお父さんが、やがて収入が少なくなってきたらお子さんがその後を継ぐことになります。
後継者の条件ですが、親子となっていますが、お孫さんでも大丈夫です。
また、親子で融資の対象となる住宅に同居している必要があり、返済期間については、お父さんの返済期間とお子さんの返済期間を足して35年以下でなければならないようです。